ザ・ノンフィクション 輝きたくて…~人生を変えたい私~ 感想

スポンサーリンク




Pocket

今回の「ザ・ノンフィクション」は、大学院に通いながら人生の岐路に立つ3人の人生を追いかけています。

いろいろと考えさせられる内容でしたので、気になった点を紹介していきます。

ザ・ノンフィクション 輝きたくて…~人生を変えたい私~

まずは、ストーリーです

東京・品川駅港南口。午後6時、多くのサラリーマンが家路につく時間帯にもかかわらず、とあるビルへ向う大人たちがいます。そこは、何と、ごく普通のサラリーマンを対象にした大学院。男性も女性も学生の多くは、30歳以上の社会人です。

そこに通う大学院生の一人、小林等さん、38歳。一流大学出身、大手旅行会社に勤めるエリートサラリーマンです。しかし、気がつけばもうすぐ40歳。このまま会社にいても先行きが見えない時代、これからどう生きていけばいいのか悩んでいました。そんな中、小林さんは、ある突拍子も無い行動に出るのです。それは、一体…?

大手機械メーカーに勤める三宅理絵さんは、47歳で独身。国立大学を卒業後、就職氷河期の時代に入社した勝ち組の世代です。同期の女性が結婚、出産していく中で、仕事一筋に歩んで
きました。しかし、入社25年目にして、予想もしてなかった突然のリストラの危機が三宅さんを襲うことになるのです…。

大手機器メーカーの五十嵐郁一さんは、51歳。ある事情で大学には行けず、高校卒業後は、アルバイト生活を続け、苦労の末、大企業に転職した努力家です。にもかかわらず、五十嵐さんも悩んでいたのです。それは、思い出したくない過去をどう自分なりに納得させるのか。そして、ついに、五十嵐さんは、ある場所に向かうのです。

それぞれの人生に悩み、もがき苦しむ3人の男と女の姿を描きます。

3人の主人公のうち、男性2人と女性1人ですが、男性2人は、ある意味大学院に行った事をきっかけとして、自分の生き方も多少なりとも変えていきますが、女性だけは何も変わらなかった、とう点が重要です。

五十嵐さんも「新しい自分の生まれ変わるのは痛い」というセリフが印象的です。そう、生き方を変えるのは痛いんです。その意味では、生き方を大なり小なり変えた男性二人は素晴らしいと思います。

仕事を続けながら新たな生き方を模索する2人



小林さんの場合

小林さんは、ある意味一番堅実な選択をしたともいえます。独立して企業するか、悩んでいましたが、まずは仕事を続けながらスモールスタートで地域密着型のクラブの運営をしていきます。

家族からは「人の上に立つようなリーダーシップはない」と散々な言われようでしたが、人柄は良さそうなので、周りのサポートを受けながら、それなりにやっていくのではないでしょうか

インタビュー中、「もしお金が厳しくなったら、妻が24時間働いてなんとかする」と言ってくれた、と言いながら泣くのですが、泣かれても、、ねぇ、、とは思いましたが。

それにしても、大企業で働きながら、なんとなく今の生き方に不安を抱いて、、という流れでしたが、大企業かどうかはあまり関係ないので、単純の自分のやりたいことがあるのかないのか、で考えたほうがいいような気がします。

順番が逆では、、

五十嵐さんの場合

終盤、五十嵐さんが恨み続けていた父への思いを吹っ切るかのように、過去に自分が働いていた果物店を訪問するシーンがあるのですが、30年振りに訪れた五十嵐くんをみて、店のおばちゃんが「五十嵐くん?」と声をかけるのですが、30年振りにあって本当にすぐに分かったのかなぁ?と思い少し笑ってしまいました。

テレビがいたからしったかした訳ではないと思うのですが、、

ラスト、では、ネットで募集をかけて人生に悩む若者を集めて、セミナーを行うのですが、「五十嵐さん、結構ネット使いこなしてるやん!!」と思わず叫んでしまいました。

それにしても気になったのが、セミナー参加者の若者がかなりヘビーな過去を告白していましたが、これ大丈夫なんでしょうか

もっと精神科などの専門家に任せたほうがいいのでは、、と心配になりました。

少なくとも、その道のプロと連携はしたほうがいいですよね。

「心理学カフェ」というタイトルを使っていましたが、心理学や心理療法のプロというわけではないと思うので、そのあたりの運用方法がやや気になりました

(この番組を見ただけの印象ですので、実はそういった勉強や訓練をしっかりと積んでいる可能性もあります)

会社に人生の価値を預ける生き方

三宅理絵さんの場合

三宅さんは、男性2人はかなり趣が違います。

この方、大学院に来た理由を、「将来に備えてお金を稼ぐ力をつけておきたい」といいます。

つまりこの人は特に自分ではやりたいことがあるわけではなく、単に将来が不安になって大学院に通っているわけです。

しかもその理由は結構明白です。

それは、生きる価値を「大企業で働く自分」「会社に認められること」が唯一の生きがいにしているからです。

全ての価値判断を会社に委ねてしまっているため、主体性を持てずにここまできてしまったのです。

それにしても、このご時世、ここまで会社を愛していると公言できるのはすごいですね。

昭和じゃあるまいし、会社なんて人の人生をすべてはみてくれないし、個人のことなんてそこまで考えてくれないので、自分の力をつけてどこでも生きていく力が大切である、という価値観はある程度社会に共有されていたと思っていたのですが、まだこういう方もいるんですね。

働き方改革なんて、1つの会社ではもう面倒を見れないから、自分の力で生きていってね、という趣旨を国が出しているのに、この方は将来どうしていくんでしょうね

途中、インタビューで「自分を変えなきゃいけない」と言っていたわりには、最後まで会社にしがみつく判断を下すため、この人だけ結局なにも変わらずじまいでした。

尚、どうでもいいのですが、三宅さんは町中の移動中、結構派手なでかいヘッドホンを聞きながら歩いているのですが、ぼくはこの世代の女性があんなにでかいヘッドホン(しかも派手)をつけて歩いているのを初めてみたので、結構衝撃でした。

2つの余談



余談ですが、、2点ほどどうしても気になった点があります

橋本マナミ問題

今回のナレーションを橋本マナミさんが担当しているのですが、どうにも下手でとてもノイズになりました。

内容的にも別に橋本マナミである必要もないと思うので、話題づくりなんでしょうが、、

アナウンサーではないので、下手なのは仕方ないにしても、滑舌が悪くて聞き取れない箇所があったので、流石にこれはアウトだろう、と思います。せめてもう少し練習してから再登板してください

サンサーラ詰込みすぎ問題

この番組ではあるあるですが、、

今回のサンサーラは詰込み過ぎでしょう

主人公が3人いるせいもありますが、、

エンディングテーマのサンサーラが流れてからの展開

・小林さん、心に傷を持つ若者を集めてイベントを開く

・五十嵐さん、地域密着型のクラブを立ち上げる(奥さんも参加)

・三宅さん、会社から早期退職を促されるも会社愛を理由に拒否!

(三宅さんだけ特に進展していないとも言えますが)

という怒涛の展開です。濃すぎてサンサーラを聞いているだけでお腹いっぱいになりました

これだけの内容を飲み込んで、最後には「ああ、よかった」と思わせるサンサーラ、すごいです。

もっと世間に広がるべき神曲でしょう。

ということで、色々とありましたが、今の生き方に悩み、自分の生き方を再考したいサラリーマンの方などは、社会人大学院へ行く、あるいは、働きながら副業する、という選択肢も有効なのでしょう

おすすめ記事

”ザ・ノンフィクション ”お母さん、隠しててゴメン 感想

”ザ・ノンフィクション”「切なさに生きて・・・2丁目」感想

ザ・ノンフィクション日中共同制作第4弾 ”上海発 仕事も恋も30代” 感想

ザ・ノンフィクション 輝きたくて…~人生を変えたい私~ 感想

スポンサーリンク