火曜ドラマ「中学聖日記」第1話 感想 有村架純主演!~危ういんです、中学生は~

火曜ドラマ「中学聖日記」第1話 感想 有村架純主演!~危ういんです、中学生は~
スポンサーリンク




Pocket

有村架純主演ドラマ「中学聖日記」が放送されました。

このドラマ、特に演出が不思議というか、人の心を不安にさせるような展開だったので「おや?」という感じでしたが、プロデューサーの名前を見てわかりました。

「Nのために」というドラマと同じプロデューサーだったんですね。

あのドラマも、妙に不思議なテイストのドラマでしたらからね。

こういう雰囲気のドラマが好きなんでしょうね

中学聖日記概要



TBSでは、10月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時〜11時07分)で『中学聖日記』を放送することが決定した。 本ドラマは、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。物語の舞台は片田舎の中学校。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に心惹かれていく女教師・末永聖の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

主人公・末永聖を演じるのは、本作がNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年上半期)以来約1年ぶりのドラマ出演で民放連続ドラマ単独初主演となる有村架純。TBSの連続ドラマには今回が初主演、2014年4月期放送の『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』以来のTBSドラマ出演となる。出演作品が後を絶たず、幅広い世代からの人気と実力を兼ね備えた国民的女優のひとりである有村。今年9月には主演映画「コーヒーが冷めないうちに」の公開も控えている彼女が、今までの“清純派”なイメージを一新し、初の教師役で“禁断の恋”に挑戦する。

プロデュースは湊かなえ原作ドラマ『夜行観覧車』(2013年)、『Nのために』(2014年)、『リバース』(2017年)や、今年1月期に放送し大きな話題を呼んだ『アンナチュラル』の新井順子が担当。演出は、上記ドラマ作品の他、有村主演の映画「コーヒーが冷めないうちに」で映画監督デビューを果たした塚原あゆ子らが手がける。多くの上質な作品を生み出してきたスタッフたちが、有村とともに本作の世界観をどう繰り広げていくのか。今までに見たことがない女優・有村架純の姿をお見せできるだろう。

キラキラした青春時代、初めての恋、許されない想い…。2人の男性の間で揺れ動き、己の恋心を必死で抑える聖の切なさ、人を好きになるということを知った晶の情熱的かつまっすぐな想い…。じれったい切なさがいっぱいに詰まった原作の世界観を踏襲して物語を展開していき、後半はドラマオリジナルストーリーになる予定だ。2人の関係を怪しむ生徒や大人たちの目線、聖を取り巻く人々のスパイラルに繰り広げられる人間模様も丁寧に描いていく。

 

第1話ストーリー



大学卒業後、国語の非常勤講師を経て、片田舎の町・子星平にある子星中学校に赴任した末永聖(有村架純)。子どもの頃からの夢だった教師になり張り切るも、担任となった3年1組の生徒たちには着任早々からかわれたり、教頭の塩谷三千代(夏木マリ)からは服装のことで注意を受けるなど、どこかやる気が空回りしてしまう。
中でも生徒のひとり、黒岩晶(岡田健史)は聖に心ない言葉を浴びせるなど、何を考えているか分からない彼の行動に振り回される聖。
一方、大学時代からの恋人・川合勝太郎(町田啓太)とは遠距離恋愛中で、仕事に追われる勝太郎とはなかなかコミュニケーションが取れない日々が続いていた。
教師としての自信をなくし、恋人との関係にも不安な思いを抱える聖だったが、生徒たちと向き合おうと奮闘する。
そんな中、クラスメイトの九重順一郎(若林時英)岩崎るな(小野莉奈)白石淳紀(西本まりん)と遊びに出かけた晶がある事件を起こしてしまう。事件のことを知った聖は…。

ストーリーはよくある話



ドラマの展開としては、オーソドックスな流れでしたね。

主人公の女教師に、婚約者がいて、中二病丸出しの生徒から告白される、という王道の展開でした。

特徴としては、登場人物が一筋縄ではいかなそうな所でしょうか

生徒の黒岩くんは、母子家庭の育ったせいか、妙にすぐ切れたりする、ちょっと怖いくらいの男の子です。

そして一番不思議なのは、吉田洋さん演じる、聖の彼氏である川合の上司役、原口です。

この女性は、このドラマにおけるジョーカー役です。

同性とも平気で人前でキスをし、「普通なんてない」と原口と挑発し、家に誘う

いわゆる、常識って奴には縛られない、むしろ常識を壊していくキャラですね。

これから教師と生徒の禁断の恋を通じて常識を壊していく聖の唯一の理解者になっていくのでは、と思います。

この女性は、今後もドラマをかき乱していくのだと思います。

この時代に教師と生徒の禁断の愛を描く意味



それにしても、聖のパスワードを盗んで、ネットで聖の悪口を書いているのって、絶対同僚ですよね?

職員室で聖の机からパスワードを盗めるのって、同僚しかありえないと思いますし。

教師の世界って、本当に陰険で前時代的ですよね。

夏木マリ演じる指導役の教師も、古臭い事しかいいませんし。

しかし、ぼくはこうしたオーソドックスなよくある世界観というのは、今の時代に教師と生徒の恋愛を描くという古びた設定のドラマをアップデートするための前振りだと思います。

古い世界観を壊し、新たな価値観を提示する。

そんな期待感がこのドラマにはあります。

やはり見どころは演出か



とはいえ、ストーリー自体は聖と黒岩が最終的にくっつくのは規定路線でしょうから、やはり肝となるのは演出面でしょう

黒岩が、どれだけ今の時代を反映した生徒を表現してくれるのか

一般的な考えをもつ聖を、原口がどう挑発していくのか、見ものです

今後の見どころ



次回から、黒岩の聖への本格的なアタックが開始されるようです

教師でしかた、当然最初はいなしていくでしょう

ポイントは、どこで両想いになっていくのか、ですね

これからのドラマ展開に期待しています。

 

スポンサーリンク