【情熱大陸】登山家・山岳カメラマン 平出和也 ”天才クライマーが人生をかけて挑む「K2」新ルートを探す旅”

【情熱大陸】登山家・山岳カメラマン 平出和也
スポンサーリンク




Pocket

今回の情熱大陸は、登山家の平出和也の回でした。

平出さんといえば、植村直己冒険賞がかなり話題になりましたね。

そんな天才クライマーの平出さんが「K2」の難関ルートに挑戦しています。

 ”天才クライマー平出和也が人生をかけて挑む「K2」新ルートを探す旅”



天才クライマーが人生をかけて挑む「K2」新ルートを探す旅。
“非情の山”の圧巻映像!

未踏峰・未踏ルートにこだわり、世界が驚く数々の新ルートを制覇してきたトップクライマーの平出和也。2009年には登山界のアカデミー賞とも言われる「ピオレドール賞」を日本人として初めて受賞。また、自らの登攀映像を撮り続け山岳カメラマンとしても世界的に活躍する39歳だ。

去年の夏、平出は実に15年間にわたって挑み続けてきたパキスタン・カラコルム山脈の「シスパーレ」に4度目の挑戦の末、成功。北東壁に新たなライン(ルート)を引き、その難易度と執念が、世界からも絶賛された。
あれから1年・・・平出は燃え尽きていた。シスパーレのように、全てをかけて挑めるような山が、今後見つかるのだろうか・・・?

番組では、再びパキスタン・カラコルム山脈を訪れた平出に密着する。彼が「次なる山」として見据えているのは、標高8611m、世界第2の高さを誇る「K2」だった。高さこそエヴェレストよりも低いものの、厳しい気候条件や雪崩、滑落の危険性から世界で最も登るのが難しいとされ、遭難者が極めて多いことから「非情の山」とも呼ばれている。

平出はこの6月から1ヶ月、K2の偵察に入った。いまだ誰も登ったことのない西壁からの新ルートを見つけるためだ。衛星写真以外では、殆ど資料や写真がなく、登ってみないことにはその姿を目にすることは出来ない。果たしてどんな場所なのか・・・天才クライマーが挑む「K2」の知られざる姿と、平出の果てしない挑戦の人生を追った。

 

平出和也 プロフィール

1979年長野県出身。元々、陸上の競歩選手だったが、ルールの定められた中で人と競いあうことに疑問を持ち大学2年の秋に山岳部へ。そこで山の世界の虜になる。

少人数で、荷物を軽量化しスピーディーに登る「アルパインスタイル」を得意とし、誰も足を踏み入れたことのない未踏峰・未踏ルートにこだわってきた。

これまでヒマラヤの8000m峰を5座、7000m峰を10座、6000m峰を4座制覇している。また山岳カメラマンとしても活躍し、平出にしか撮れない映像を求めて日本のみならず、海外からも依頼が舞い込む。2017年、登山家とカメラマンとしての実績が認められ、植村直己冒険賞を受賞。1年の3分の1程度しか自宅に戻らないが、2児の父親でもある。39歳。

守るべきものがある強み



今回の番組をみて印象的だったのは、クライミングシーンよりは、むしろ下山時の平出さんの姿です。

まず、家族との生活

最近子供が生まれた平出さん

結婚して、子供は生まれるとは思っていなかったという平出さん

その「守るべきもの」があるということが、平出さんの「絶対に生きて帰ってくる」

という信念をより強固なものにしていると思いました。

最近では、有名クライマーが登山時に亡くなってしまう事故もありましたが、やはり生と死の極限状態で戦う人たちにとっては、「絶対に生きて帰らないといけない」理由があるか否かは、重要な要素だと思いました。

一生挑戦し続ける



平出さんは去年の夏、15年間にわたって挑み続けてきたパキスタン・カラコルム山脈の「シスパーレ」に4度目の挑戦の末、成功しました。

北東壁に新たなルートを引き、その難易度と執念が、世界からも絶賛されました。

これだけ、ある意味自分の人生をかけた挑戦を成功させた平出さん

ちょっとしたスランプに陥るのも当然でしょう

燃え尽き症候群ともいえる状態に陥り、しばらく新たな目的をも失っていました。

そして、新たに平出さんが立てた目標が、K2に新ルートを見つける、というものです。

このように、平出さんの原動力は、いつも新たな挑戦をする事です

クライマーでなくとも、我々も常に大なり小なり目標をもっていきています。

挑戦し続けることが、人生を豊かにする

そして、その挑戦を支えるのが、家族という変えるべき場所なのだと思います。

自分も、家族があるかた仕事を頑張れています。

今回の番組をにて、家族に、感謝の気持ちを新たに抱きました。

スポンサーリンク