映画版「昼顔」感想とドラマから学ぶ浮気の防ぎ方

スポンサーリンク




Pocket

先日、テレビで「昼顔」映画版が放送されていました。

斎藤工さんと上戸彩さん主演ドラマが話題になっていましたね。

僕はドラマ版はみていなかったので、今回初めて映画版でこの作品をみました。

映画版「昼顔」感想

まず、率直に言ってとても面白かったです。

ドラマ版を食わず嫌いしていた事を後悔するくらいでした。

特に、上戸彩の演技がとても良かったですね。

なんというか、とても艶かしくて艶っぽかったです。

分かりやすいフェロモンとかではなく、きちんと離婚して一人なんとか生きている女性の生活感と、それでも愛する人を忘れられない心の揺れ動きがよく表現されていました。

斎藤工は、、どうなんでしょう 生物学者としての草食系オタク感はとても良く出ていましたが、この役は斎藤工だからカッコよく見えるだけで、例えば六角精児が演じていたら、ただのキモいキャラだったのではないでしょうか どうなんてすか?

女性はこういうキャラ好きなんですか?

主人公カップルの子供っぽさ

というわけで、全体としては作品として面白かったのですが、つっこみたいところはたくさんあります。

まず、主人公カップルがダメすぎるでしょ

明らかに会ってはいけない中なのに、序盤から躊躇なく会いにいってますからね まず、最初の出会いのシーンから、上戸彩は斎藤工がいることを分かった上で会いにいってますからね せめて作品上、会ってはいけないのに会わないといけない理由が出来て、しぶしぶ会ううちにまた心が燃え上がって、、

というのなら分かるのですが、そういう葛藤がないからドラマとして安っぽくなっています これは脚本上の問題でしょう

奥さんを悪者に描く演出に嫌悪感

そして一番気になったのが、斎藤工の奥さんの描き方です。

かなり露悪的に、奥さんを悪者に描いていますね 2人を見つけてクラクションを鳴らすシーンとか とても印象的で面白いシーンではありますが、主人公側から見ているから、サイコ的に奥さんが見えますが、奥さん側から見たら2人が悪魔ですからね

次のホテルで三人で話し合うシーンも、動揺した奥さんが、2人に自分の目の前で関係を持つように迫ります こういうやりとりは、そもそも安っぽく見えるので残念なのと、ここも奥さんをあたかも嫉妬に狂ったサイコ野郎みたいに演出していますが、奥さんの絶望感はこんな程度ではありません 終盤で気になったのですが、奥さんは無理心中したあとに、普通に外で生活していましたが、あれって何か罪には問われないんですかね?

2人にきっかけはあったといえ、無理心中した時点でなんらかの罪には該当する気がするのですが、、

ただの事故死として処理されたんでしょうか それはそれで何か違和感があります

2人の浮気を防ぐ方法

では、どのようにすれば2人の浮気を防げたのか、検証して見ましょう

なんといっても、2人は会った時点でジ・エンドです

とにかく、会わせてはいけません 2人を合わせないように、細心の注意を払うしかありません。

映画では最後、無理心中という結末に至りますが、こうなる前になんとかしなければなりません

どうすれば斎藤工は死なずにすんだのか

それは、自分ファーストで考えてはいけません

仮にどうしても上戸彩と再婚したかったなら、せめて離婚成立までは会わないように我慢するとからしなければなりません

なんでもかんでも自分のやりたいようにやってはだめです。

仮にも自分の奥さんなんです 相手の気持ちをしっかりと考えて行動しましょう。

ちなみな、ラブサイケデリコの主題歌はとてもいいのでおすすめです。

Place Of Love

 

昼顔 DVD通常版

 



スポンサーリンク