『カメラを止めるな!』動員100万人突破! 感想(ネタバレあり)

『カメラを止めるな!』動員100万人突破! 感想(ネタバレあり)
スポンサーリンク




Pocket

大ヒット中の映画、『カメラを止めるな!』の動員100万人突破しました。

単館上映から始まって、いまや大ブームになっていますね。

というわけで、ぼくも遅ればせながらみてきましたので、感想を書いていきたいと思います。

『カメラを止めるな!』概要



監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作だ。
​脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。
2017年11月 初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定した。

その後、国内では「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」でゆうばりファンタランド大賞(観客賞)を受賞。インターナショナル・プレミアとなった「ウディネ・ファーイースト映画祭(イタリア)」では上映後5分間に渡るスタンディングオベーションが巻き起こり、アジア各国の錚々たるコンペ作全55作の中でシルバー・マルベリー(観客賞2位)を受賞。1位は750万人を動員した韓国の大作「1987」であったが、その差は0.007ポイント差と肉薄した。

無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”を目撃せよ!

『カメラを止めるな!』ストーリー

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

ワンシーン・ワンカットを取る動機が曖昧すぎる



この映画の肝は、監督をはじめスタッフ・キャストが「なにがあっても、ワンシーン・ワンカットで取り切らなくてはならない」という制約を元におこるドタバタがコメディになるわけですが、その肝となる動機が大切だと思うんです。

つまり、監督でもプロデューサーでもいいんですが、何かしらの志し、つまり拘りはあってワンカットで撮影しなければならない、というのならいいのですが、この作品においては、そのあたりの動機がぼやっとしてるんですよね

登場する番組のプロデューサー達は別にワンシーン・ワンカットにそんなに強いこだわりがあるわけではありません。

ゾンビ映画に興味はあるわけでもありません。

監督もしかりですね

「仕事として仕方なく」受注するわけなので、どうしてもワンシーン・ワンカットがとりたいというわけではなく、仕事として、、いわば職業倫理としてなんとか完成させようとするわけです。

けど、できればワンシーン・ワンカットをどうしても取りたい、取らないといけない、という強い制約があった方がもう少し登場人物に共感してワクワクしたような気がします。

もう一つどうしても気になったのが、監督役の代役を監督自身がする、というくだりの所です。

ここは、監督は無理やりやらざるを得ない、という風にしなければ共感が生まれない所ですが、監督自らノリノリで代役に名乗り出るんですよね

それだとこの後監督がひどい目にあっても、共感できないので、ここはプロデューサーに言われて仕方なく、、

という風にもっていった方が断然良かったとおもいます 。

ゾンビ映画じゃない問題



映画を見る前の事前情報として、ぼくはみに行く前に、この作品はゾンビ映画を巡る物語だ、と思い込んでいました。

まぁ、ぼくの思い込みなだけかもしれませんが、なんとなく映画の宣伝で「ゾンビ映画を巡る劇中劇の話」という印象があったのですが、これ、ゾンビ映画じゃなくて「ゾンビチャンネル」というBSかCSの架空の番組のとある回ですよね。

いってみればドラマなわけです。

「映画」と聞くのと「番組の中の1回」と聞くのはかなり印象が違うと思うのですが、ややミスリードな気がするわけです。

映画なら、撮りなおせよ、っていう話なので、「生放送のドラマ」という設定にしないとドラマが生まれない理由はわかるのですが、、

ちょっと釈然としませんでしたね。そこは。

今後が楽しみな出演者たち



出演者の俳優の皆さんは、とても素晴らしい演技だったと思います。

全国的には無名な方たちかと思いますが、今後活躍していきそうですよね。

ぼくはとくに、松本逢花役の秋山ゆずきさんが良かったです。

「よろしくでーす」というセリフが話題になっていましたが、ぼく的には、そこよりも彼女のなんとも言えない悲鳴の演技が良かったです。

やる気があるような、ないような、なんとも言えない絶妙なさじ加減だったと思います。

彼女は今作の役者の中でも、今後一番売れていくのではないでしょうか

今後の活躍が楽しみです!

おすすめ記事

映画”カメラを止めるな!”パクリ騒動について

映画『聲の形』地上波初放送 感想

是枝裕和監督最新作”万引き家族”を100倍楽しむ方法

スポンサーリンク