ETV特集「カノン~家族のしらべ~」感想 ~血の繋がりのない家族の話~

Sponsored Links




Pocket

ETV特集「カノン~家族のしらべ~」をみました。

血の繋がりのない子供と両親の話の様子を追いかけたドキュメンタリー番組です。

特に自分が親になったこともあり、気付けば思わず見入ってしまいました。

こういう、家族の絆を追うようなノンフィクションは色々考えさせられてしまいますね

それでは、このドキュメンタリー番組について振り返ってみたいと思います。

主人公のしおり父の哲雄母の英子の三人が主な登場人物です。

ETV特集「カノン~家族のしらべ~」概要



ストーリーの概要

貧困や虐待などさまざまな理由で実の親と暮らせない子どもたちを家庭的な環境で育む方法として注目されている特別養子縁組。番組では特別養子縁組で結ばれた3人の親子を1年間にわたって取材した。思春期を迎えた高校3年生の娘。口うるさい親への反発。ふとした時に頭に浮かぶ実母への思い。やがて娘と親はすれちがい、ぶつかり合うようになる。揺らぐ親子の絆を3人はつむぎ直せるか?“家族”の意味を見つめるドキュメント。

話はしおりさんが17歳の時からはじまります。

養子縁組をしている家族の子供、と聞くと勝手におとなしい子をイメージしていましたが、このしおりさんはとっても良く笑います。

もちろん、親の事を考えると落ち込んだり辛くなることもあるわけですが、とにかく明るく、親とも友達のように過ごしている様子はとても好感がもてます。

自分には今、2歳になる息子がいますが、ぼくも将来子供とこのような友達のような距離感で年を取っていけると、楽しいだろうな、と思いました。

しおりの反抗期



ここまで、家族3人の仲の良い姿が映されてきました

しかし、徐々に雲行きが怪しくなります。

しおりさんが、夜遅くまで友達と遊びにいって、帰宅時間が連日遅くなってきたのです。

心配する父の哲雄さん

帰ってきたしおりをみるたびに、口うるさく起こるようになり、連日ケンカが続いたのです

そしてついに父は言ってしまいます

「好きにしていいから、出て行ってくれ」

そして、しおりさんは本当に出て行ってしまいます。

それにしても、反抗期の娘を持つ父親は大変ですね

可愛い娘が心配だから、ついつい怒ってしまう気持ちはぼくもよく分かります

息子に対してですら、可愛くてついうるさく言ってしまうのに、女の子だったら猶更でしょう

しおりの家出



一ヶ月以上も家に帰ってこないしおり

彼女は何処にいっていたのか

それは、彼氏の家です

いかにも、年頃の娘の行動、といった所ですね

しおりの彼氏、パンパス(18歳)は、日本でタイ人の両親の間に生まれました

父の記憶はないという彼もまた、家族の絆を求めている一人なのでしょう

妊娠発覚、そして出産へ



彼氏の所に一カ月以上、、という事実が提示された時点である程度覚悟していましたが、、

やはりというべきか、案の定というべきかしおりさんは妊娠をします

彼氏の家に一ヶ月いた時点で、もしかして、、

と思っていたのです、やはりというべき展開です

そして、父は出産を勧めるのです

自身に子供が出来なかった哲雄さんが、出産を勧める気持ちはよく分かります

普通だったら、まずは反対しそうな場面でしたが、このあたりは哲雄さんの想いがよく伝わる対応です

そして、意外に、というべきか、この妊娠を機に家族の絆は強くなっていくのです

家族4人での同居生活



妊娠をすることにしたとはいえ、パンパスの仕事の手取りは10万円程

家を引っ越して生活していくには中々厳しい状況です

結局パンパスもしおりさんの家に同居することになるのです

家族4人での同居生活

両親はパンパスを家族として暖かく迎えます

そして、反発していたしおりさんも徐々に安定していき、また家族で仲良く過ごすようになるのです

子供は無事に産まれ、家族は再び絆を強めていったのです。

母の言葉にみる、家族とは



全編を通じて感じるのは、母の暖かい眼差しです

決してなにかを強く主張するわけでもなく、夜、眠る娘の足をマッサージしてあげる母

母は言います

「自分はご飯を作って、帰ってくる人のただいまとご馳走様を聞ければ幸せ」

彼女の特に何かを求めるわけではなく、今この時間を大切にする姿勢には、暖かいものを感じます

出産を経たしおりの変化



妊娠発覚時に、しおりさんはこう言っていました

「自分には血の繋がった家族が居なかったからずっと不安だった子供が出来れば自分にとって始めての血の繋がりだから嬉しい」

大好きな、今の自分の両親と楽しく過ごして居ても、どこか孤独を感じていたしおりさん

やはり、血の繋がりのことが重たくのしかかります

そして、出産を経たしおりさんには心境の変化が訪れます

「血が繋がっていても、繋がっていなくても、家族は家族」

大切なのは、これまで積み上げてきた時間と信頼関係

しおりさんは、出産を経て血の繋がった家族を持つことで、血の繋がりに囚われない家族の絆の大切さに気づいたのだとおもいます。

おススメ記事

赤名リカの不思議な魅力ついて~ドラマ東京ラブストーリー

1分で分かる!ドラマ”東京ラブストーリー” ネタバレまとめ

”ザ・ノンフィクション ”お母さん、隠しててゴメン 感想

【随時更新】ドラマ原作小説 おススメ作品紹介

【随時更新】「おススメ家電」紹介まとめ ~子育て世代に欠かせないお助け家電~

Sponsored Links