映画『聲の形』地上波初放送 感想

映画『聲の形』地上波初放送 感想
スポンサーリンク




Pocket

映画『聲の形』地上波で初放送されました。

元々、原作のコミックは読んでいましたが、映画の公開時は未見だったので、今回はじめて映画版「聲の形」をみましたので、感想を書いていきます。

尚、主人公の小学生時代を女優の松岡茉優さんが演じています

映画『聲の形』地上波初放送 感想



『手塚治虫文化賞新生賞』『このマンガがすごい!2015』オトコ編第1位など、数々の賞に輝いた大今良時のベストセラーコミックをアニメ映画化した同作。

退屈がキライな小学生・石田将也のクラスに、聴覚障がいの少女・西宮硝子が転校し、物語は始まる。彼女が現れたことで、退屈な日々から解放された将也だったが、ある出来事をきっかけに周囲から孤立し・・・。

「話すという方法以外にもたくさんの伝え方がある、ということを大切に描きたいと思いました」と山田尚子監督。映画公開時の舞台挨拶後には、「私たちができる『聲の形』はこれしかないという作品に仕上がっている」と自信を見せた。同作が地上波で放送されるのは今回が初。

この物語は、小学生の頃にひどいことをした相手に対する、贖罪の話だと思いました。

ぼくとしては、高校生になった現代のストーリーよりも、小学生時代の話の方がリアリティがあって面白く感じました。

その理由は、高校生よりも小学生の方が「むき出しの人間性」がにじみでているからだと思います。

人間の嫌な部分、、

人と違う人を差別する心理や同調圧力、、

大人になると、あからさまな事はせずに、表面上は仲良くしつつも、裏で文句言う、というような陰険な形になりがちですが、小学生だとむき出しで思っていることをいいますよね

そこに世界の残酷な真実を感じました。

原作の発表時も問題になっていた

たしか原作漫画は、当初読み切りで発表されました。

その時も、内容のセンセーショナルさで結構話題になっていましたが、その大きな要因も小学校が舞台だったことが大きな要因だったのではないかと思います。

つまり、ある小学生によるいじめという話は、それだけ人間の闇の部分が反映されているのではないかと思います。

将也の自己承認性の回復



もう一つのテーマは、主人公である将也の自己承認の回復でしょう

将也は、小学生の頃、いじめていた硝子が急に転校して消えてしまったことを気に、自分が酷いことをしてしまったことの重大さに気づき、っと責め続けていました。

そして、高校生になってからも、周囲の人間との距離感が掴めずいましたが、この物語の後半は、将也がいかにして、自己承認を回復するのか

友達と呼べる存在を獲得していくのか、が描かれています。

テーマがややぼやけた?



ただ、ぼくとしては物語前半と後半でややテーマが分散して、どっちらかってしまった印象があります。

高校生になり、将也の周囲の人間との関係がフューチャーされるようになった分、硝子との関係性がやや中途半端におわってしまった印象があります。

小学生から高校生になるまでの5年間

物語では描かれていない、この5年間の将也と硝子の過ごした日々こそ、ぼくがみてみたい物語です

 

おすすめ記事

浜辺美波出演作 “君の膵臓をたべたい” 映画版キミスイ 感想

モーニング娘と松岡茉優の知名度が逆転していた件

ドラマ版「この世界の片隅に」見どころ

スポンサーリンク