“ザ・ノンフィクション”男と女の婚活クルーズ 感想~テキサスの婚活奮闘記~

"ザ・ノンフィクション"男と女の婚活クルーズ 感想~テキサスの婚活奮闘記~
Sponsored Links




Pocket

今回の「ザ・ノンフィクション」は婚活クルーズが舞台です。

今回の主人公は賢茂エイジ(44)さん。

舞台俳優でありながら、リッチな参加者が多数参加している豪華客船の婚活に参加した、通称「テキサス」の奮闘を追いかけます。

“ザ・ノンフィクション”男と女の婚活クルーズ 感想~テキサスの婚活奮闘記~



ザ・ノンフィクション 男と女の婚活クルーズ

主人公は44歳の独身男エイジ▼彼女から突然の別れを告げられ▼結婚したい‥貯金はたいて婚活クルーズへ▼船上で見せつけられる経済力の差▼そして告白‥意中の女性は?

男と女の婚活クルーズ

都内の家賃5万円、ワンルームに暮らす44歳のエイジさん、独身。懸命に努力はしているが、まだまだマイナーな舞台役者だ。コールセンターのアルバイトで食いつなぐ日々。そんな彼が一念発起し、豪華客船での婚活クルーズに挑戦することになった…。

独身男女が豪華客船に乗って婚活をする「婚活クルーズ」。参加するのは、主に30代の女性23人と、40代、50代、60代の独身男性22人。女性たちは、事前のオーディションで選ばれ、参加費は何と無料。当然、参加する男性は女性のクルーズ料金を払える余裕のある人がほとんど。そんな中に、あえてエイジさんは、飛び込む決意をした。一体、何故?

番組では、44歳の舞台役者エイジさんの婚活に密着。舞台とアルバイトで貯めたお金を今回のクルーズにつぎ込み、人生をかけて挑む彼。お金持ちの男性の中で、果たして、意中の女性を見つけることができるのか?そして、最終日の告白タイム…エイジさんは、どんな女性に気持ちを伝えるのか?エイジさんを待ち受けていたのは、喜びか悲しみか…?それとも…?

出演者

【語り】
平泉成

スタッフ

【ディレクター】
清水御冬

【チーフプロデューサー】
張江泰之

【制作協力】
天空メディア合同会社

【制作著作】
フジテレビ

【エンディング・テーマ曲】
〈曲名〉サンサーラ
〈作曲〉山口卓馬
〈編曲〉YANAGIMAN
〈歌〉宮田悟志

この婚活クルーズは、女性は約100名の中から選ばれた20名程度が無料で参加できます。

男性は、最低金額17万円以上を支払い、いわゆる女性の分も負担しての参加となるわけです。

参加する男女は約1週間程度を船内で共に過ごし、フィーリングの合う相手を探していくわけです。

実質成金男性の草刈り場に



上記の通り、そもそも豪華クルーズが舞台ですので、参加する男性は基本的には50代前後のリッチな男性がメインとなるわけです。

ぼくが一番気になったのは、食事の最中にドンペリを開ける本数で競う歯科医とファイナンシャルプランナーが出てくるのですが、まぁ、下品ですよね。

この、ドンペリを開けた本数を競う、という昭和な感覚がこれまで結婚できなかった理由ではないでしょうか

誰からも選ばれない女性



男性に厳しめのさっちさん(38)という女性は、途中誰からもアプローチを受けていないと泣きだします。

この女性は、男性のちょっとした仕草などが気になる、いわゆる意識高い系女子です。

けど、それが逆に彼女を結婚から遠ざけている理由でもあるわけです。

まぁ、相手の悪いとこばかり目についていても難しいですよね。

最後の告白タイムでカップルになっている人達をみると、女性の大半は20代後半~30代半ばといった所です。

30代後半のさっちさんは、相手を厳しく見るということは、それだけ自分も厳しくみられるという事を実感するべきでしょう

頼むぞ、テキサス



最後、大方の視聴者の期待を裏切ってテキサスが意中の女性とカップルになります。

一緒にいて居心地がいい事がその理由のようですが、、どうなんでしょう

いくら居心地が良くても、テキサスは現状バイト暮らしですからね。

本当に結婚したいのなら、その時点で対象外でしょう

真剣に結婚したいのなら、就職してから参加するくらいではないと駄目でがないでしょうか

よく、スキー場で出会ったカップルが、山から下りるとすぐに分かれるという話がありますが、そのような形になるのではないでしょうか。

さらにその後のテキサスの様子をみると、駄目な事に、舞台やバイトが忙しいとかいうアホな理由でせっかくカップルになった女性とまだ会っていないというのです。

これは絶対に悪手でしょう

テキサスに勝ち目があるとしたら、船から下りた後、電光石火で彼女と付き合う所まで持って行く事でした。

こんなの、どうせ他の異性とも皆番号を交換してるに決まってるんだから、これからバンバン横やり入れられますよ。

ぼやぼやしていると、あっさり持っていかれると思います。

テキサスに、余裕なんて1秒もないはずです

気になる2点



そして最後に、番組を見て気になった点が2点あります

消えた女性

序盤でインタビューに答えていた、きよみん(28)さんという人が、途中から全くでなくなってしまったのですが、彼女は一体どうなったのでしょう

結構いいキャラクターとしていただけに、それなりにドラマがあったと思うのですが、、

相変わらずそのあたりの構成がこの番組は下手です。

告白タイムでの煽り

告白タイムでは、男性の告白を受けて女性がyesかnoか答える場面があるのですが、大体の女性はyesと答える前に一呼吸おくわけです。

そりゃあ、noタイムで答えたらがっついているみたいだから、普通が一呼吸置くと思うのですが、やたら周りの参加者だかスタッフだかが、「頑張れ」ってやたら煽るのが気になりました

なんかこの空気感、、無理、、

婚活パーティー参加の掟

今回、さっちさんのようにせっかく婚活パーティーに参加しても、男性から選ばれずに終わってしまう方はいるのではないでしょうか

けど、せっかく参加しているのに、これでは時間が勿体ないし、今後につながりません。

例え結婚までいかずとも、2,3回食事をするだけでも経験値になって今後に繋がるでしょう

ハードルを上げるのではなく、自分の経験値の肥やしとする。

そのような姿勢が婚活パーティーには必要だとおもいます。

おススメ関連記事

”ザ・ノンフィクション ”お母さん、隠しててゴメン 感想

”ザ・ノンフィクション”「切なさに生きて・・・2丁目」感想

ザ・ノンフィクション日中共同制作第4弾 ”上海発 仕事も恋も30代” 感想

ザ・ノンフィクション”転がる魂 内田裕也 前編”

ザ・ノンフィクション 輝きたくて…~人生を変えたい私~ 感想

Sponsored Links




"ザ・ノンフィクション"男と女の婚活クルーズ 感想~テキサスの婚活奮闘記~