ザ・ノンフィクション 「ママ、どうして死んじゃったの?」 感想 ~里永りかさんの幸せを願って~

夜景
Sponsored Links




Pocket

ザ・ノンフィクション「ママ、どうして死んじゃったの?」が放送されました。

今回の主人公は、六本木で夜の仕事をしているりかさんです。

彼女が抱える孤独と、どう向き合うのかが主題になっています。

りかさんは、一見その言動が危ういようにも見えますが、彼女なりに何とか必死で生きようとしているのだと思います。

ザ・ノンフィクション「ママ、どうして死んじゃったの?」概要



ザ・ノンフィクション ママ、どうして死んじゃったの?

主人公は夜の六本木で働く22歳の女性▽仕事中も泣いてばかり…彼女に何が▽部屋では自殺した母の遺骨を抱き…悲しみと寂しさと苦悩の日々▽そして向かったのは

ママ、どうして死んじゃったの?

主人公は、りか(22歳)。夜の六本木で働いています。でも、なぜか泣いてばかり。「かわいいだけじゃ通用しない!」と叱られます。酔い潰れるりか…実は、心に大きな傷を抱えていたのです。

それは、母の自殺。りかは子供の頃から、自殺しようとする母を止めるのが日常になっていたのです。りかは母に、ごめんねも、ありがとうも言えていません。りかは母の死を、自分が母のそばにいなかったからと責め続けて生きてきました。

りかは、ある日、離ればなれになった父に会うため、神戸に向かいます。そこで、父から思いがけない事実を告げられます。父から明かされた新事実に、りかは涙を流すのです。

そして、りかは、ある決意をいだき母のお墓がある島根にも向かいます。そこでは、ずっとりかを心配している祖母が待っていました…。そして、りかがとった意外な行動とは?

母の死を苦しむ、りかの行き着く先は…。
そして、りかの涙のゆくえは…。母を亡くし、苦しみ続ける娘の物語です。

出演者

【語り】
朝岡直子

スタッフ

【チーフプロデューサー】
張江泰之

【撮影・編集・演出】
簗瀬久

【制作著作】
フジテレビ

【エンディング・テーマ曲】
〈曲名〉サンサーラ
〈作曲〉山口卓馬
〈編曲〉YANAGIMAN
〈歌〉宮田悟志

りかにかけられた母の呪い



りかは、母が自殺したのは、自分のせいだとずっとせめて苦しんでいました。

そのせいで、今でも母の遺骨を抱えて寝たり、母の衣服をそのまま持ってる行動にも表れていると思います。

ただ、それはりかが悪いのではありません。

りかのお母さんは、りかのお母さんなりの人生をまっとうしたのだと思います。

だから彼女は、母の事を悔やむのではなく、受け止めてあげる事が一番だと思います。

りかが前を向くたった一つの方法



そのためには、りかは母親への依存を辞める必要があります。

今回、ラストシーンではまさに母親の遺骨を納骨する決意をしますが、これはりかが今いる家族の事をしっかりと認識し、母親の死を正面から受け入れる事が出来たからだと思います。

そして、出来ればお酒の弱いりかは夜の仕事は辞めた方がいいのだと思います。

彼女は、自己承認欲求が強いからこそ、ちやほやされやすい夜の仕事をやっているのだと思いますが、いい家族に恵まれている彼女なら、他の仕事でもきっとやっていけると思います。

素直に辛いって言った方がいい



そして今回みていて何より感じた事は、「辛い時は辛いと言った方がいい」という事です。

なぜなら、りかが父親の元にかえり、初めて弟に会った時、父親は実は、りかの母親が亡くなった時、奥さんとりかを引き取ろうか、という話が出たと言うのです。

結局父親はその事を言い出せずに、結果りかは何年も1人で苦しむ事になったのですが、もしこの時にりかが素直に辛いという気持ちを打ち明けていたら、父親の家族と一緒に暮らしていた、という未来もあったのだとおもいます 。

そのためには、人間やはり素直なる事だと思います。

余談ですが、父の奥さんの紹介文に「弟の母」という字幕がついていましたが、これが番組スタッフの気遣いだと思います。

本当は、「父の妻」という紹介も出来たはずですが、りかにとって、「父の妻は自分の亡くなった母だけ」という思いが強いと思うので、そこに配慮したのだと思います。

それでも、帰れる場所のあるりかさんは幸せだと思います。

祖父母もとてもりかさんの事を心配されていましたし、愛されていると思います。

あまり自分の事は責めずに、もっと自分の事を愛してあげてください。

そして、幸せになって欲しいと思います。

ナレーション問題は早急に解決を



それにしても、今回も番組のナレーションの下手さが酷かったですね。

今回も、プロのアナウンサーではなく、何かタレント的な人に任せたようですが、番組のクオリティを下げてまでやらないといけないような事情ってあるのでしょうか

苦労して作った番組がそんな事で盛り下がってもいいのでしょうか

何か受け狙いだけのコンセプトの番組でもないと思いますので、出来ればナレーションに関しては、プロのアナウンサーに任せて、純粋に内容で勝負して欲しいですね。

ナレーションが下手すぎて今回も番組を見るノイズになりました。

この点は、ぜひ改善して欲しいと思います。

おススメ記事

“ザ・ノンフィクション” 「お母さん、もうすぐいなくなるよ ~ダウン症・愛する娘へ~」感想 ~母の終活の果てに~

蘭華出演”ザ・ノンフィクション “「期待して 裏切られて 傷ついて 泣いて」 後編 感想 音楽不況の中、紅白出場という目標の持つ意味とは

ザ・ノンフィクション「期待して 裏切られて 傷ついて 泣いて」 前編 感想 ~蘭華という女性からみる、夢のタイムリミットとは~

”ザ・ノンフィクション ”お母さん、隠しててゴメン 感想

 

 

Sponsored Links




夜景