【随時更新】おススメ映画情報 まとめ

【随時更新】おススメ映画情報 まとめ
スポンサーリンク




Pocket

まずは、「帰ってきたヒトラー」をおススメします。

ヒトラーが素材の映画がいくつか作られていますが、この作品はまず原作の小説が評判となり、映画化も成功したパターンです。

“帰ってきたヒトラー” ブラックコメディ色強い作品 原作小説もおススメ

 

帰ってきたヒトラー(字幕版)

ギャップに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、
正気と狂気の一線を見失う―。

  • 歴史上〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターになるという大胆不敵な小説が2012年にドイツで発売。絶賛と非難の爆風をくぐり抜け、国内で200万部を売り上げた。その世界41カ国で翻訳、権威あるタイムズのベストセラーリストでも堂々NO.1に輝いた問題小説が、まさかの映画化!ドイツではディズニーの大ヒットアニメ『インサイド・ヘッド』を抑えて第1位を獲得した。
    主役を演じるのは、リアリティを追求するために選ばれた無名の実力派舞台俳優。ヒトラーに扮した彼が街に飛び込み、実在の政治家や有名人、果てはネオナチと顔を合わせるというアドリブシーンを盛り込んだセンセーショナルな展開と、原作とは違う予測不能な結末は、一大ブームを巻き起こした。
    1第二次世界大戦から70年が経ち、全てが変わった現代社会で、あの頃と変わらぬ思想とともに生きる男が繰り出すギャップに笑い、かつて熱狂的に支持されたままの、誰よりも愛国心に富んだまっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失っていく現代の人々の危うさ―。そうきっとスクリーンの前で笑っているあなたも。
    モラルと背徳の狭間ギリギリの危険なコメディ、あなたの〈足元〉がグラつく。

この作品は、「現代にヒトラーが蘇ったらどうなるか」という設定です。

こう聞くと、シリアスなイメージがしますが、「モノマネ芸人と勘違いされたヒトラーがテレビにひっぱりだこになる」というストーリーからもわかる通り、内容はブラックコメディになっています。

けど、ヒトラーという素材を扱っているだけあって、いくらでも深読みできるようにもなっています。

ぼくは、テレビ局の局長役の女性がとても野心家、かつ切れ者というキャラクターでとても好きでしたね。

ミッション:8ミニッツ

 

 

内容紹介

『ミッション:8ミニッツ』

一瞬たりとも見逃すな!

シカゴ行きの通勤列車が爆破され、乗客全員が死亡。米軍のスティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は、政府の極秘ミッションとして、特殊なプログラムを用いて乗客が死ぬ直前8分間の意識に侵入し、爆破の犯人を暴いて次なるテロを阻止する任務を課せられる。何度も犠牲者の意識に送り込まれ、死んではまた甦る、という悪夢のような<8分間>を繰り返し、少しずつ犯人に近づいていく一方で、スティーヴンスの心には次第に疑惑が膨らんでいく。爆破を防ぐことで乗客の命は救えるのか?そして、なぜ自分がこの特殊任務に選ばれたのか?事件の真相、そして秘められた謎と禁断の事実に迫っていく彼を待ち受けていたのは…。
映画ファンが唸った驚愕のストーリーを鬼才ダンカン・ジョーンズ監督が見事にまとめ上げた話題のサスペンス・アクション。

この映画は、繰り返し同じ過去を何度も繰り返す、いわゆる「タイムパラドックスもの」+「恋愛映画」です。

ぼくの大好きなSF要素に切ない恋愛ドラマ様子が追加されている、隠れた名作です。

「バタフライエフェクト」が好きな人ならば、絶対に気に居ると思います。

 

スポンサーリンク