【随時更新】おススメ映画情報 まとめ

【随時更新】おススメ映画情報 まとめ
Sponsored Links




Pocket

まずは、「帰ってきたヒトラー」をおススメします。

ヒトラーが素材の映画がいくつか作られていますが、この作品はまず原作の小説が評判となり、映画化も成功したパターンです。

“帰ってきたヒトラー” ブラックコメディ色強い作品 原作小説もおススメ

 

帰ってきたヒトラー(字幕版)

ギャップに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、
正気と狂気の一線を見失う―。

  • 歴史上〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターになるという大胆不敵な小説が2012年にドイツで発売。絶賛と非難の爆風をくぐり抜け、国内で200万部を売り上げた。その世界41カ国で翻訳、権威あるタイムズのベストセラーリストでも堂々NO.1に輝いた問題小説が、まさかの映画化!ドイツではディズニーの大ヒットアニメ『インサイド・ヘッド』を抑えて第1位を獲得した。
    主役を演じるのは、リアリティを追求するために選ばれた無名の実力派舞台俳優。ヒトラーに扮した彼が街に飛び込み、実在の政治家や有名人、果てはネオナチと顔を合わせるというアドリブシーンを盛り込んだセンセーショナルな展開と、原作とは違う予測不能な結末は、一大ブームを巻き起こした。
    1第二次世界大戦から70年が経ち、全てが変わった現代社会で、あの頃と変わらぬ思想とともに生きる男が繰り出すギャップに笑い、かつて熱狂的に支持されたままの、誰よりも愛国心に富んだまっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失っていく現代の人々の危うさ―。そうきっとスクリーンの前で笑っているあなたも。
    モラルと背徳の狭間ギリギリの危険なコメディ、あなたの〈足元〉がグラつく。

この作品は、「現代にヒトラーが蘇ったらどうなるか」という設定です。

こう聞くと、シリアスなイメージがしますが、「モノマネ芸人と勘違いされたヒトラーがテレビにひっぱりだこになる」というストーリーからもわかる通り、内容はブラックコメディになっています。

けど、ヒトラーという素材を扱っているだけあって、いくらでも深読みできるようにもなっています。

ぼくは、テレビ局の局長役の女性がとても野心家、かつ切れ者というキャラクターでとても好きでしたね。

ミッション:8ミニッツ

 

 

内容紹介

『ミッション:8ミニッツ』

一瞬たりとも見逃すな!

シカゴ行きの通勤列車が爆破され、乗客全員が死亡。米軍のスティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は、政府の極秘ミッションとして、特殊なプログラムを用いて乗客が死ぬ直前8分間の意識に侵入し、爆破の犯人を暴いて次なるテロを阻止する任務を課せられる。何度も犠牲者の意識に送り込まれ、死んではまた甦る、という悪夢のような<8分間>を繰り返し、少しずつ犯人に近づいていく一方で、スティーヴンスの心には次第に疑惑が膨らんでいく。爆破を防ぐことで乗客の命は救えるのか?そして、なぜ自分がこの特殊任務に選ばれたのか?事件の真相、そして秘められた謎と禁断の事実に迫っていく彼を待ち受けていたのは…。
映画ファンが唸った驚愕のストーリーを鬼才ダンカン・ジョーンズ監督が見事にまとめ上げた話題のサスペンス・アクション。

この映画は、繰り返し同じ過去を何度も繰り返す、いわゆる「タイムパラドックスもの」+「恋愛映画」です。

ぼくの大好きなSF要素に切ない恋愛ドラマ様子が追加されている、隠れた名作です。

「バタフライエフェクト」が好きな人ならば、絶対に気に居ると思います。

2001年宇宙の旅

 

 

2001年宇宙の旅をBSで久々に見ました。

いつ見ても古くならないその映像を見るだけでも価値がありますね。

 

50年前、1つの映画が全ての映画を変えた。

“比類なき完成度。壮烈なる演出。全てのSF映画の中で最も美しく衝撃的、そして偉大な作品。” -Danny Peary, ALTERNATE OSCARS(R)

人間 vs. コンピュータの戦いを、陶酔の映像と音楽で描き出し、アカデミー賞(R)を受賞した『2001年宇宙の旅』。
キューブリック(アーサー・C・クラークと脚本を共同執筆)は、有史前の類人猿から植民地化が進む宇宙へ、
数千年もの時間を超越(映画史上最高のジャンプ・カット・シーンのひとつ)する離れ業をやってのけた。
人類がまだ見ぬ宇宙の領域に足を踏み入れた宇宙飛行士ボーマン(キア・デュリア)は、不滅の存在へと昇華していくのだろうか。
「HAL、進入口を開けろ! 」という悲痛な願いと共に、無限の可能性に満ちた未知への旅を始めよう。

【キャスト】
デヴィッド・ボーマン船長: キア・デュリア (堀勝之祐)
フランク・プール: ゲイリー・ロックウッド (小川真司)
ヘイウッド・R・フロイド博士: ウィリアム・シルベスター (小林昭二)
HAL 9000(声): ダグラス・レイン (金内吉男)

【スタッフ】
監督・製作: スタンリー・キューブリック
脚本: スタンリー・キューブリック、アーサー・C・クラーク

この映画は、50年以上前に作られた映画とは思えないほど、宇宙旅行のシーンが今見みても古びていません。

ストーリーは、今ではよく見るようなAIの暴走といった内容ですが、逆にやっと時代がこの映画に追いついていたとも言えます。

AIである「ハル」の話し方が、妙に落ち着いているため、その混乱していくシーンが逆に不気味でもあります。

とにもかくにも、この宇宙旅行のシーンを見るだけでも一見の価値ありです。

2010年宇宙の旅

そしてさらに、2001年宇宙の旅の続編にあたる「2010年宇宙の旅」を紹介します。

「2001年宇宙の旅」という映画が偉大すぎて、あまり注目されていない作品ですが、内容は正統的な続編です。

 

モノリスの謎は、宇宙の神秘を解くカギを握る。
“次元が違うスペース・フィクション”– David Pirie, TIME OUT FILM GUIDE

宇宙船ディスカバリー号事件から9年の歳月が流れた。
設計責任者であったフロイド博士が調査を開始するが、木星を調査中に異常現象に遭遇。
そんな折、フロイド博士はディスカバリー号の船長の霊に危険を告げられるのだが…。
映画史にその名を残す「2001年宇宙の旅」の続編として、前作に残された謎の解明に挑戦している。

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

2010年宇宙の旅を見ると、逆説的に前編でもある「2001年宇宙の旅」がいかに凄い映画だったのかが良くわかります。

同じ話をやっているため、当然宇宙や宇宙船の描写は同じような映像になるはずなのに、監督が違うというだけで全く別物なんですね。

人口知能AIである、「ハル」の描写一つとってもこうも違いが出るのか、と驚きました。

2001年宇宙の旅では、ハルの赤いランプをうまく魅せる事により、あたかもハルが意思を持った生き物であるように見せていました。

又、宇宙船内部のデザインやガジェットも、2010年宇宙の旅の映画が本当に凄かったという事を、この映画を見る事によって再認識する事になるでしょう

 

マッドマックス サンダードーム

そして男の子大好き映画、マッドマックの第3弾映画、「サンダードーム」です。

マッドマックスといえば、改造した車で速さを競うように命がけの攻防が見どころの映画です。

が、この第3弾映画は、ある意味このお約束が無視されているんですね。

 

ディーン・パリソット監督によるSFコメディ。人気SF番組のファン集会会場に、番組をドキュメンタリーと勘違いした宇宙人たちが登場。彼らは番組の出演者たちに自分たちの惑星を救ってほしいと懇願するが…。“Paramount Greatest Hits”。

「ドリームワークス ライブアクション」の傑作&名作がパラマウントからリリース!! 放送打ち切りから20年を経た今も熱狂的なファンを持つSF番組「ギャラクシー・クエスト」。 今日もある都市で、ファン集会が開かれていた。が、招待された出演者の前に奇妙な4人組が現れ、 “自分たちの星を侵略者から守って欲しい”と助けを求めてきた。 最初は冗談と思った出演者たちだったが、彼らは本当の異星人で、番組そのままの宇宙船も用意していた……。 「スター・トレック」のパロディー満載の本格SFコメディ。

この映画は、一言でいうと「愛すべきB級バカ映画」ですね。
昔の人気SFの出演者で、今は地方のドサ周りをしているかつて人気があり、今は峠を過ぎている売れない俳優たちが、ひょんな事から、本当のSFの世界に巻き込まれていく、というお話です。
とにかく、約20年前の映画のため、映像的には時代を感じる前時代的にものなのですが、要所要所に笑えるコメディとなっており、「ゴーストバスターズ」とかああいうテイストの映画は好きな人にはたまらない映画になっていると思います。
好きな人はめちゃくちゃ好きな奴ですね。
陽気なおバカ映画やSF映画好きにはおススメの一本です。
おススメ映画まとめ
Sponsored Links




【随時更新】おススメ映画情報 まとめ