ザ・ノンフィクション 「シンデレラになりたくて2018前編」感想

Sponsored Links




Pocket

 

ザ・ノンフィクション 「シンデレラになりたくて2018前編」の感想

今回のザ・ノンフィクションは、毎年恒例の整形美容手術を目指す人たちの話です。

とある整形クリニック病院が主催する、オーディションで、優勝すると賞金300万円や整形手術代が無料になったりします。

オーディションを目指す人たちの心の闇

では、オーディションを目指す人たちは、どう人か

当然、整形手術を目指す人たちなので、顔にコンプレックスがある人はたちばかりです

その中でも、ぼくが気になったのは、

自分の顔にコンプレックスがあってずっと人前でマスクが外せない人です。

特にきにするほどの顔ではなく、むしろ可愛いとおもうのですが、本人的には過去のトラウマなどがあり、心に傷を負っているため、マスクなしでは外出出来ないようになっているのです。

マスクは心を壁。いわゆるATフィールドのようなもの

ここで考察したいのが、彼女たちに限らず、マスク無しでは人前に出れない人は、大なり小なりたくさんいるような気がします

ぼく自身も、風邪っぽいのを理由に人とあまり関わりたくない時は職場にマスクをつけていくことがあります

最近のマスクって便利ですよね

大きくくてデザインも違和感ないから、顔にの表情も悟られにくいし、職場で付けていてもあまり違和感ありません

というか、ほとんど目しか見えませんもんね。

 

ザ・ノンフィクションをよく見るかたは、

ザ・ノンフィクション 輝きたくて…~人生を変えたい私~ 感想 も合わせてどうぞ

マスク(心の壁)を取るために必要なこと

では、どうすればマスクに頼らなくても人前に出れるようになるのか

それは、自分に自信を持つことしかありません

自分に自信を持つにはどうすればいいのか

それは、日々の仕事ややるべきことをコツコツとこなしていき、「自分はこれに関しては自信を持ってやっている」という状態に持っていくことでしょう

そうすれば、他人と比較することもなくなりますし、自分のコンプレックスもなくなります。

もしあなたもマスク人間ならば、一度自分と向き合ってみると良いでしょう

Sponsored Links