ザ・ノンフィクション「シンデレラになりたくて2018後編」感想

Sponsored Links




Pocket

ザ・ノンフィクション 「シンデレラになりたくて後編」をみました。

今回も、整形オーディションを目ざす様々な女性たちを追いかけた構成になっています。

今回は、ザ・ノンフィクション シンデレラになりたくて2018後編の感想を記載していきます。

関連記事:ザ・ノンフィクション日中共同制作第4弾 ”上海発 仕事も恋も30代” 感想

シンデレラになりたくて2018後編 ストーリー概要



まずは、話の骨子を見ていきましょう!

今回の主人公は美容整形で人生を変えたいと願う女性たち。シンデレラオーディションにはベトナム国籍の女性も参加。グエン・ホン・カム・カインさんの悩みは前に出た口元で、ベトナムでは見た目による差別が当たり前のようにあるという。カインさんは外見は就職に大きく影響すると話し、大学卒業後、300社以上受けたが内定はでなかったという。カインさんを始め選ばれたメンバーは日本へ。日本に憧れていたというカインさんがしてみたかったというのは着物を着ることで、着物を着て東京観光へ出発した。

前回、整形オーディションで優勝を目指す日本人女性たちの話だったので、てっきりその続きかと思っていたら、なんと前編の最後に突然出てきた、ベトナム人女性たちが後編の主人公になっているのです

実はベトナムでもオーディションが行われており、日本人女性たちに加えて、ベトナム人女性たちも混ざってオーディションをやるというのです。

て、なんじゃそら!

初めから言いなはれ!

と思わず椅子から転げ落ちそうになりましたよ。

流石は、ザ・ノンフィクション

相変わらずの予測の出来ない構成になっています。

ぼくは、前編で主人公的に取り上げられていた、赤井田未波さんの話をもっとみたかったのですが、なんとベトナム人女性のカインさんを主人公として話は進んでいくのです。

カインさんが整形を目指す理由



まず、意外なのが、ベトナムでは見た目の差別が当たり前ということです

カインさんは、就職でも差別をされ、付き合っていた彼氏からは「君のようなブサイクは親に紹介出来ないから結婚出来ない」と言われて別れたそうです

て、なんじゃそら!

ならなんで付き合ったんだよ!

そんなこと言う彼氏いるの?!

とかなり辛い境遇に置かれているカインさん

次第にカインさんに感情移入してしまう構成になっています。

うーむ ノンフィクションスタッフの思うツボだなぁ、、

整形オーディションの行方は



ただ、カインさんは確かに口元はかなり独特でしたが、素材としては可愛さの片鱗がありました

案の定、整形を経たカインさんは見違えるように綺麗になっており、見事に優勝するのです。

ちなみに、ぼくの推しメンの赤井田未波さんは準グランプリでした

うーむ、残念!

技術革新と共に整形が広がるとどうなっていくのか



今回のオーディションに参加した方たちは整形をして前向きな人生を手に入れたようなので素晴らしいと思います。

他方で、今後、技術革新が進んでいき、整形が当たり前の世の中になっていった場合、見た目の差別やコンプレックスはなくなるのか、とう問題について考えてみたいと思います

例えば、整形をする事により、顔面平均点が3だった人が7になったとします。

けど、周りもみんなが整形手術すると、平均点も7に上がってしまい、そうすると結局また顔面平均点の上がった世界で競争が起こるのではないかと思うのです

つまり、見た目のコンプレックスや差別は、結局他の人との比較論でしかないのです

韓国のk- popのように、整形が当たり前になり、見た目が大差ないようになったとしても、その中でまた細かい競争が起こっていくだけではないかと思うのです。

つまり、整形をして幸せな人生を手に入れたとしても、それは金銭面的な理由話などにより、整形をしない人がいることにより、相対的に自分のポジションが上がったからでしかありません。

つまり、どこまでいっても他人との比較は残るため、全員は幸せになれない状態なのです。

日本の職場は見た目が重要なのか



日本では表向きは、就職での見た目の差別はないことになっています。

仮に、不採用の理由はブサイクだからです

なんて公言する企業があった場合、袋叩きにあうでしょう

しかし、事実として総務や広報などの窓口的な部署の人はある程度顔で選ばれているでしょう

アパレルショップの定員さんなども、極端にブサイクな人は見ないですよね

人間は中身が大切 という言説の意味はあるのか



日本ではよく、人は見た目よりも中身が大切

という言説を聞きますよね

けど、中身の精査って難しくないですか

性格の良い、悪いという問題も、好き嫌いの問題が大きいと思うんです。

人の見た目問題、、

これは今後も考えていきたいテーマですね。

関連記事;ザ・ノンフィクション 「シンデレラになりたくて2018前編」感想

 

Sponsored Links