”東京ラブストーリー”最終話 感想 ~最後にもう一度だけ「完治」と呼んでくれたリカに感謝~

”東京ラブストーリー"最終話 感想 ~最後にもう一度だけ「完治」と呼んでくれたリカに感謝~
スポンサーリンク




Pocket

東京ラブストーリー最終話が再放送されました。

結論からいうと、ラスト10分は号泣しっぱなしでした。

又、漫画版とは随分違うんなだぁ、とド惑いながらも、完治とりかの最後を見届けました。

”東京ラブストーリー”最終話 概要



完治の故郷で再会するりかと完治。

2人は、付き合っていた時代に果たす事が出来なかった、完治の故郷を一緒に巡る。

別れを受け入れたりかは、最後の思い出にと出来るだけ明るくふるまうのであったが。。

そして、3年後の月日が過ぎた。

りかは海外赴任にいったものの、わずか半年で退職し、行方不明に。

完治は、仕事も順調にこなし、すっかりと中堅社員へと成長していた。

既にさとみとも結婚した完治は、三上と尚子の結婚式に参加する

その帰り道、偶然りかと再会する完治。

2人はしばらくお互いの近況報告をする。

連絡先を交換しようという完治だったが、リカは拒否する。

そう、思い出は綺麗なまま、りかが既に前を向いて歩いていたのだ。

あてのない再会を約束して別れる2人

再開後は、「永尾くん」と距離を置いていたりかだったが、最後に一度だけ叫ぶのだった

「完治!」と

感動のラストシーン



このラストシーンはまさに名シーンですね。

3年後に偶然再会したりかと完治。

完治はさとみとも結婚し、すっかり時間の経過を感じさせますが、りかは何も変わっていないように見えます。

そう、その頃のまま

りかはきっと、今でも完治の事が大好きなのです(彼氏も居ないようです)

でも、そんな状態のまま完治と連絡先を交換すると、また3年前のようにずるずるする事がわかっているから、りかはあえて連絡先を交換しなかったのでしょう

そして、再開後にずっとりかが完治のことを「永尾くん」と他人行事に呼ぶのが気になっていました。

このまま、どこかひっかかったまま、2人は別れるのかな、、

そう思っていた所、りかは最後に叫ぶのです

「完治!」と

このシーンで、ぼくは号泣でした。

こんなに素直にドラマで感動したのは初めてかもしれません。

単純に、恋愛の話だけでここまで純度の高いドラマを作るなんてすごいです。

本当に普及の名作だと思います。

りかはいま何をしているのか?



とはいえ、いくつかストーリーに謎が残ります。

まず、りかは何故会社を辞めたのか

そして、何故失踪したのか?

これについては、完治との別れが辛くて、辞めたのだと思いますが、そもそもりかは昔から海外赴任を志望していたといいます。

だったら、もう少し仕事がんばってもよかったのでは?と思ったりしました。

そして一番の謎が、今、りかは何をしているいのか?ということです。

完治に聞かれてもはぐらかすりか。

恐らくですが、何もしていないのではないでしょうか

完治が考えている以上に、りかの心の傷は大きかったのではないでしょうか

今回のドラマ上では、綺麗に分かれた2人ですが、りかの今後の人生は結構危ういものとも言えます。

駄目男にひっかかったりしなければいいのですが、、

りかの幸せを祈らずにはいられません

何故、東京ラブストーリーは傑作なのか



では、何故このドラマがこんなに人の心を掴むのか

それは、登場人物がみなまっすぐだからだと思います。

確かにりかは、一見わがままで奔放です。

けど、完治の事を誰よりも純粋に愛していました。

三上も、さとみの事を真剣に愛していました

その後の、別の女性と結婚しますが、その気持ちは本当です。

そう、皆さんも、かつていくつかの恋愛を経てきたと思います。

辛い思いで

いい思い出

色々あると思いますが、その時々の気持ちの積み重ねが、今の自分に繋がっているのです。

そうした、誰にでもある、人生で一番頑張った恋愛の体現化をしているのが、東京ラブストーリーの良さではないでしょうか

おススメ記事

”東京ラブストーリー”第10話 感想 りかと完治は素敵な別れを迎える事が出来るのか

“東京ラブストーリー”第9話 感想 完治とさとみの共犯関係

“東京ラブストーリー”第8話 感想 さとみの悪女ぶりが爆発

“東京ラブストーリー”第3話 感想 赤名リカの本性が爆発

 

 

 

スポンサーリンク