NHKドラマ ”透明なゆりかご” 第7回「小さな手帳」感想

”透明なゆりかご”第7回「小さな手帳」感想
スポンサーリンク




Pocket

今回の透明なゆりかご第七回は、2組の母子の話しです。

一般的には、親は子供もことを愛しており、愛情をたっぷり注ぐもの、という概念があります。

でも、必ずしも母親がうまく子供に愛情を向けてあげられるわけではない、という事をまざまざと認識させられました。

”透明なゆりかご”第七話ストーリー



アオイ(清原果耶)がヤカンを焦がしたのがきっかけで、最近平穏だった母・史香(酒井若菜)との関係が再びギクシャクしはじめる。そんな時、アオイの小学校の友達だったミカ(片山友希)が入院して来て、ふたりは再会を喜び合う。ミカは夫も両親もいない孤独な状況での出産が迫っていたが、自分が赤ちゃんだった時の母子手帳を肌身離さず持っていた。それを見たアオイは、母に怒られてばかりだった子ども時代を思い返す。

今回は、2組の親子の話が交互に展開します。

まず一組目は、アオイの小学校時代の友達、ミカの話しです。

母子手帳で自分の愛情を確認する娘



小学校時代のミカは、母親に怒られてばかりでした。

母親から笑顔を向けてもらえない中、ミカの唯一の楽しみは自分の母子手帳をみる事です。

母子手帳には、母が自分の子育てに四苦八苦している様子をみて、自分が愛されている、という実感を持ちます。

逆にいうと、それをみないとミカは自分の自己承認欲求が満たされない状態なのです。

親でも、学校の先生でも、周りの友達でも良い。

とにかく、誰かこの子に笑顔を向けてあげて!

そう願わずにはいられないくらい、みていて辛い状況でした。

愛しているのに、子育てがうまくいかずに自分を責めてしまう母



アオイは、小学校に入ると、次第に周りとは違う行動が目につくようになり、母は頻繁に学校に呼び出しをされるようになります。

季節でもないのに、プールに飛び込んだアオイ

学校に呼び出された母は、アオイに理由を聞きます。

「ミカちゃんが隠された上履きが浮かんでいた気がする」と

突飛な行動により、周りからからかわれるアオイ

その様子をみて

「あなたは、おかしい」と母が子供に言います。

そういわれたときに、アオイの表情を見ると涙が出てしまいました。

自分の子どもに「おかしい」と真顔で言ってしまうくらい追い詰められていた母の気持ち

両親が離婚した遠因が自分にあると気づいている子供の気持ち

どちらの気持ちも考えると辛いです。

どう現実を受け入れるか



ある日、アオイは医師の診断を受けます。

医師のアオイへの診断は「注意欠陥多動性障害」

集中しすぎると、周りがみえなくなったり、衝動を抑えきれたなくなったりしてしまいます。

「アオイがおかしいわけでも、母の育て方がおかしい訳ではない」という医師の言葉に、母は方の荷が下りたような表情をみせます。

アオイがおかしいのは、自分のせい

きっと、母はずっとそう自分を責めていたのだと思います。

それに気づいていたからこそ、アオイは看護師になって、母を喜ばせようと考えたのだと思います。

アオイの母は、ある日気づきます。

「自分が笑ってあげれば、子供も笑う」

どんな時も、笑っててあげよう



アオイの母は、アオイにきちとした人に育ってほしかったがゆえに、きつくあたってしまっていました。

けど、本当に必要だったのは、たとえアオイが突飛な行動をとってしまったとしても、その理由にきちんと耳を傾けて、笑顔を向けてあげる事だったのだと思います。

プールに飛び込んだアオイの行動は突飛でも、その動機は親友の事を想っての事だったのだから

アオイはとても心の優しい子供だったのです。

そこに目を向けてあげれるとよかったのに

アオイもある日、自分の母子手帳を見つけて読みます。

そこには、生まれたての自分の愛情を注いてくれていた母の姿を見つけます。

そう、アオイは生まれたときから、本当はずっと愛されていた

ただ、それが上手く伝わっていなかっただけなのです

愛情を伝えるって難しい

けど、小さな手帳は、ほんの一瞬でも世界中の誰よりも愛されていたという事を証明してくれます。

自分も、久々に母子手帳を読んでみよう

そう感じた素敵な回でした。

おすすめ記事

NHKドラマ”透明なゆりかご”感想 初めて子を持つ親なら誰でも共感できるドラマだ

NHKドラマ”透明なゆりかご”第2話 感想

”透明なゆりかご第6回”「いつか望んだとき」感想

おすすめ漫画”透明なゆりかご”バナナフィッシュ”スラムダンク”

スポンサーリンク