NHKドラマ”透明なゆりかご”全話解説~これまでの話振り返り~

NHKドラマ"透明なゆりかご”全話解説~これまでの話振り返り~
スポンサーリンク




Pocket

NHKドラマ、透明なゆりかごが間もなく最終回を迎えてしまいます。

途中からこのドラマも見始めた人も多いのではないでしょうか。

今回は、最終回を前にして、これまでのドラマのストーリーを一部紹介していきたいと思います。

”透明なゆりかご” 第1回 命のかけら



1997年・夏。アオイ(清原果耶)は看護師見習いとして「由比産婦人科」へやって来た。いきなり中絶手術の現場を目撃して衝撃を受けるが、はじめて出産にも立ち会い、産まれて来る赤ちゃんの生命力に心を揺さぶられる。院長の由比(瀬戸康史)、看護師の紗也子(水川あさみ)・榊(原田美枝子)らが妊婦ひとりひとりに向き合う中、田中さん(安藤玉恵)という女性が訪れる。彼女はいわゆる未受診妊婦で、出産直後に失踪してしまう…。

初回の放送で一番印象的だったのは、初めて出産を目のあたりにしたアオイは、気づけば涙で目の前がいっぱいになります。

これはまさに、はじめて自分の子どもの出産に立ち会ったときに自分の気持ちと同じでした。

理屈じゃない。出産って本当に不思議でまぶしい。

アオイの目を通しみると、出産に対する新鮮な見え方が蘇ってきました。

”透明なゆりかご” 第2回 母性って何



アオイ(清原果耶)は、出産直後の赤ん坊が医院の表に捨てられているのを発見する。由比(瀬戸康史)らの必死の処置で赤ちゃんは一命を取りとめ、アオイがお世話をすることに。その愛くるしさにアオイは知らず知らず愛情を抱いていくが、紗也子(水川あさみ)に「あまり入れ込まない方が」とたしなめられる。一方、里佳子(平岩紙)という妊婦が、妊娠を継続すべきか悩んでいた。彼女は、無理に出産すれば失明する恐れがあって…。

第2回のストーリーは、子供を産みたくても産めない身体の女性と、育てる気ががないのに出産してしまった女子高生の話を交互に展開していました。

対照的な2人姿を映しながら、妊娠とは何か。子供を産むとはどういうことかに迫ります。

子どもを産めば失明する可能性が高い里佳子さんは、それでも子供を産む決断をします。

自分の命と引き換えにでも子供を産みたいという決断。

出産とは、子供を産むという事以上に、自分の存在証明のようなものだと感じました。

関連記事:NHKドラマ”透明なゆりかご”第2話 感想

”透明なゆりかご” 第3回 不機嫌な妊婦



アオイ(清原果耶)は恐れおののいていた。妊婦の安部さおりさん(田畑智子)はいつも不機嫌で、アオイが些細なミスをするたびに激怒してののしり、由比(瀬戸康史)が診察で「特に問題ありませんよ」と言っても信用しようとしない。そんな折り、アオイは看護学校の実習で市民病院へ行くことに。安部さんから離れ、のびのびと励むアオイだったが、そこのある病室で、安部さんが悲しそうな顔で誰かに付き添っているのを目撃する…。

この回は、田畑智子さん演じるさ妊婦のさおりさんが終始不機嫌で、アオイにも厳しく接する様子が軸に描かれています

最初はさおりを恐れて、苦手意識を持つアオイでしたが、次第にさおりが常に気を張っているその理由をしります。

さおりさんの夫は医療ミスで意識不明の状態となっており、回復の見込みはないという状況だったのです。

そんな中、なんとか穏便にすませようとする病院を相手にしながら、なんとか生まれてくる子供を病室の夫に会わせようとしていたのです。

さおりさんは、そんな極限状態の中にいたので、気を張っていないと持たなかったのでしょう

そんあさおりさんでしたが、なんど厳しく当たっても、真っすぐに向かってくるアオイに次第に心を開いてきます。

生まれてくるって、なんて大変なんだろう。

そう感じさせる回でした。

”透明なゆりかご” 第4回 産科危機



真知子(マイコ)の分娩が始まった。無事に女の子を出産し、夫の陽介(葉山奨之)は感激のあまり言葉も出ない。だが由比(瀬戸康史)は、真知子の体調の異変にいち早く気づいていた。出血がなかなか収まらず、意識も低下。榊(原田美枝子)、紗也子(水川あさみ)らも加わって必死の処置をするが、由比は大学病院への搬送を決意。救急車で運ばれてゆく真知子を、アオイ(清原果耶)はなすすべもなく見送る。そして…。

出産は、命を落としてします事もある。

そのことを改めて思い出させる回でした。

妻を亡くした陽介がその消失感からどう立ち直っていくのかを丁寧に描いていきます。

又、アオイと母の絆の歴史もこの回から徐々に描かれ始めます。

”透明なゆりかご” 第5回 14歳の妊娠



ある日アオイ(清原果耶)は、自分の後ろをぴったりついてくる男の子に気づく。問いただすと、由比産婦人科へ行くのだと言う。その由比産婦人科では、由比(瀬戸康史)が榊(原田美枝子)に「これからの分娩は大きな病院に任せるべきかも知れない」と打ち明けていた。「先生らしくもない」と、反論する榊。二人の脳裏に、かつて自分たちが担当した、14歳で妊娠した少女・真理(花田優里音)と母・弘子(長野里美)の姿が蘇る…。

この回は、とにかく真理役の花田優里音さんの演技が素晴らしかったです。

14歳の頃の様子が描かれる前半は、どちらかというとぽーっとしている少女で、「本当にこの子が子育て出来るのか、、」と思わせるような状態でしたが、母が亡くなったのを機に、精神的に自立して立派な母親に成長していく後半は本当に素晴らしい展開でした。

女優さんの演技も、演出家の手腕も光る回でした。

第9回目が放送されるまでは、ぼく的には一番印象的な回でした。

”透明なゆりかご” 第6回 いつか望んだとき



アオイ(清原果耶)はハルミ(モトーラ世理奈)と名乗る不良っぽい少女に誘われ、山道を登っていた。妊娠しているハルミは「山奥にある古い家へ行けば、格安で簡単に中絶してくれる」と事もなげに言う。アオイは怒って引き止めようとするが、たどり着いた家から迎えてくれたのは何とも優しそうな老夫婦(イッセー尾形・角替和枝)だった。一方紗也子(水川あさみ)は、結局自分が妊娠していなかったことを知り、落胆していた…。

望んでいなのに、妊娠を繰り替える少女たち、

そんな彼女たちを、ただ黙って受け入れる医師が登場します。

中絶を助長するのではないか、、

アオイはそう疑問をぶつけますが、過去に辛い経験をしている老夫婦はせめて自分たちは困ったら最後に駆け込む場所でありたい、という強い意志を持っています。

院長のセリフにもある通り、中絶とは、妊娠をするための過程なのだと思えば、また見え方も変わってくるはずです。

関連記事:”透明なゆりかご第6回”「いつか望んだとき」感想

”透明なゆりかご” 第7回 小さな手帳



アオイ(清原果耶)がヤカンを焦がしたのがきっかけで、最近平穏だった母・史香(酒井若菜)との関係が再びギクシャクしはじめる。そんな時、アオイの小学校の友達だったミカ(片山友希)が入院して来て、ふたりは再会を喜び合う。ミカは夫も両親もいない孤独な状況での出産が迫っていたが、自分が赤ちゃんだった時の母子手帳を肌身離さず持っていた。それを見たアオイは、母に怒られてばかりだった子ども時代を思い返す。

子供が一番欲しているものってなんだかわかりますか?

それは、「自分は愛されている」という実感なのだと思います。

中には、愛情を貰えずに育っていく子供もいます。

そんな時、最後の支えになるのが母子手帳です

どんな母親でも、出産直後は子供に愛情をもっています。

たった一瞬でもいい。自分は愛されていたという実感があれば、人は生きていけるのです。

関連記事:NHKドラマ ”透明なゆりかご” 第7回「小さな手帳」感想

”透明なゆりかご” 第8回 妊婦たちの不安



紗也子(水川あさみ)がついに妊娠した事が分かり、アオイ(清原果耶)はじめ産婦人科の人々は祝福する。休暇を最小限にとどめ、今まで通り全力で仕事すると強気だった紗也子だが、フタを開けてみると猛烈なつわりに襲われ、仕事が覚束なくなるほどに。夫・広紀(柄本時生)は優しい男だが鈍感で、紗也子の苦労を今ひとつ分かってやれない。そんな折り、キャリアウーマンの妊婦・弥生(滝沢沙織)を巡って、ある事件が起きる…。

特に初めての出産を迎えるときは、その現実と一人で向き合うのは大変です。

さらに、女性には、出産後のキャリア形成の問題があります。

妊娠と仕事の両立。子育てと仕事の両立。

様々な障壁がありますが、一番大切なことは、終盤の紗也子の夫に対する想いに表れていると思います。

「ただ、そばにいて欲しかった」

そう、ただそばで支える家族がいるだけで、ぼくたちは傷ついたり、時には失敗しながらも前に進めるのです

関連記事:NHKドラマ『透明なゆりかご』第8回「妊婦たちの不安」感想

”透明なゆりかご” 第9回 透明な子



それは一本の電話から始まった。「小学生の娘が性被害に遭ったようだ」との訴えを聞き、榊(原田美枝子)はじめ産婦人科の面々は受け入れ態勢を整える。由比(瀬戸康史)は男性である自分が応対しない方が良いと考え、旧知の婦人科医・長谷川(原田夏希)を呼び寄せる。やがて母親(占部房子)に付き添われ現れた女の子を見て、アオイ(清原果耶)は言葉を失う。それはアオイが図書館で知り合った友達、亜美(根本真陽)だった…。

「透明な子」というタイトルの意味にずっと引っかかっていました。

ぼくらが普段生きている中で、なんとなく思い込みの世界ってあると思うんです。

・大人は子供を守るもの

・子供は健全に育っているもの

しかし、世界はそう単純ではありません。

ぼくらの見えない所で、子供を気づけている大人や被害にあっている子供がいるのです。

そんなこどもたちの声をしっかりと聴くためにも

透明な子にしないようにするにが我々大人の役目なのだと思います。

詳細記事:NHKドラマ10 “透明なゆりかご”第9回「透明な子」感想

おススメ記事

“透明なゆりかご” 漫画版とドラマ版の違いについて

NHKドラマ”透明なゆりかご”感想 初めて子を持つ親なら誰でも共感できるドラマだ

NHKドラマ”透明なゆりかご”おすすめ見どころ紹介

おすすめ漫画”透明なゆりかご”バナナフィッシュ”スラムダンク”

映画『聲の形』地上波初放送 感想

スポンサーリンク